カラコンのデメリット

カラコンは、今、若い女子の間で大人気になっていますが、使用する上で、デメリットについてもよく考える必要があります。
カラコンは目に負担が大きく、普通のコンタクトよりも、目に酸素が届きにくいといいうデメリットがあります。
そのため、間違っても装着したまま寝てしまってはいけません。

 

レンズに直接色素がつけられているので、色素が溶けて黒目に悪影響を及ぼす危険性があります。
普通のコンタクトと違って、色素が入っているので、目に良いはずがありません。
カラコンはレンズが2枚重ねになっているので、酸素がなかなか目に届きにくいという欠点をかかえています。

 

目が酸素を取り入れにくい状態になっているので、カラコンを使用する時は、安全性をよく確認する必要があります。
少なくとも、普通のコンタクトよりも安全性が低く、目の障害が発生する危険度が高いことは確かです。
着色部分の酸素透過性が低いので、角膜に悪影響を与えやすいのです。

 

そのため、長時間の装着は避け、レンズが汚れていないか、しっかりとメンテしなければなりません。
色が付いているので、目が疲れることが多く、それが視力低下の原因にもなるので、十分に注意しなければなりません。