印象的な目元を作る安全なカラコン

芸能人やモデルみたいにパッチリとした瞳になることは、多くの女性にとって憧れちゃいますよね。
カラコンがあれば可愛い表情やクールでセクシーな表情も、誰でも簡単に印象的な目元を作ることができます。

 

だけど、日本でカラコンが流行りだしてから、目に関する健康被害を訴えるトラブルが、年々増えてきているのも事実です。

 

国民生活センターでは、トラブルが増えてきていることを受けて実施された平成17年度の調査では、町中で売っているカラコン製品10種類中、2種類のカラコンは品質に問題があると判断されました。

 

したがって、カラコンは若い女性に人気があるけれども、安いだけで安全ではない粗悪品も販売されていますので、購入する時には十分に気を付けなければなりません。

 

安全でないカラコンを使用した事により、目にトラブルが起きてしまうと、最悪の場合には失明の恐れもあるので、けっして粗悪品は使わないようにしましょう。

 

重大な症状に発展する危険性もあり、トラブルが起きてから後悔しても取り替えしが付かないケースもあるんですよ。

 

そのため、安心・安全なカラコンが買えるショップを紹介しますので、質の悪いカラコンを買うのはやめて安全なカラコンを買うようにしましょう。


カラコンて目に大丈夫?

目元を華やかに演出し、黒目を大きく見せることができるカラコンがブームになっています。
でもカラコンって目に直接装着するので、目に対するダメージがないか不安になりますよね。
カラコンは色がついているので、色素が目の中で溶け出すのではないかと思う人もいるでしょう。

 

2009年にカラコンが医療機器として法律で定められたので、様々な規制がなされるようになりました。
現在市場に出回っているものは、質のよい安全なカラコンがほとんどなので、まず安心してもよいといえます。
ごく一部には質の悪いものもないとは言い切れないので、例えば他のショップと比べてあまりにも安すぎるものなどは避けたほうが無難です。

 

ただ、カラコンはやはり黒目を覆うレンズなので、用法を守らないと目に負担がかかることは通常のコンタクトレンズと同じです。
レンズを傷つけないように気をつけて装着し、入浴時や就寝時には外して専用の洗浄液で清潔にし、きれいな保存液で保管するようにしましょう。
面倒だといって外してそのまま放置したり、つけっぱなしにすると乾燥して使えなくなったり、目がダメージを受けることになるので気をつけましょう。

誰でも目デカになれるカラコンだけど‥。

現在カラコンの使用率はかなり高いと思います。女子アナウンサーでさえ黒のカラコンを使用してる方が多いですし芸能人から一般人までもが目デカに見せる為に使用している。
使い捨てから1ヶ月や半年使用のものまであるが、気をつけなければいけないのは使用方法ではないだろうか。
もちろん数時間だけで外し捨ててしまうワンデータイプなら安全だろうがそれでは勿体ないと何度となく使い回す人達も決して少なくはないはずだろう。
ただその勿体ない精神が目に危険を及ぼす率も高くなる事を忘れてはいけない。
私もブルーカラーを使用し長い装着を繰り返していた結果ドライアイになり眼球を傷つけ眼科医行く事になってしまったのです。

 

使用していたカラーコンタクトを外した時にチクっとしたので目薬をさし寝たのだが翌日に違和感を感じまた目薬をさし1日を過ごした。
翌朝目を覚ますと視界が白っぽく見え鏡で確認すると黒目あたりに小さく何かがあるように見え直ぐに眼科へ行った。
診察の結果‥角膜潰瘍。コンタクトを外して際出来た傷口にバイ菌が入り潰瘍となったようだ。
調べてみるとカラーコンタクト使用者だと使用方法を守らないとカラーが溶け目に悪い影響を与えるとも書いてあった。
可愛さを選ぶか目の安全をとるかは人それぞれだが、私は目の安全をとりたいと思った。

おすすめサイト

芸能人も愛用のカラコン

 

迷ったらコレ!芸能人愛用カラコンなら失敗ゼロ